※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 抗炎症薬・抗アレルギー薬 > 解熱・鎮痛・抗炎症薬

●解熱・鎮痛・抗炎症薬

侵害受容性疼痛には,アセトアミノフェン(非ピリン系解熱鎮痛薬),非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs),非麻薬性鎮痛薬(オピオイド)などが使用される。

  • ピリン系薬剤:ピラゾロン系薬に過敏症の患者には禁忌
  • アセトアミノフェン:鎮痛・解熱作用があり,抗炎症作用が弱い。比較的安全な薬であり,妊婦にも使いやすいが,アスピリン喘息患者には禁忌。
  • 非ステロイド性抗炎症薬:抗炎症作用と鎮痛・解熱作用を有する。アスピリン喘息患者に禁忌。また,全般において妊娠末期は動脈管早期閉鎖を起こすため禁忌(他の期間は有益性投与)とされているが,基本的に妊婦への投与は推奨されない。
  • オピオイド鎮痛剤は,中枢に作用し強力な鎮痛作用をもたらすことから,主として激痛(特に深部組織ないし内臓由来)の治療に使用される。

参考文献
鎮痛・解熱 治療ガイドライン.オーストラリア治療ガイドライン委員会/原著,医薬品・治療研究会/編訳,大阪,NPO法人医薬ビジランスセンター,2000.


指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
E-Books
Medical Online English Site