※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 消化器系 > 消化性潰瘍治療薬ヘリコバクター・ピロリ除菌薬

●消化性潰瘍治療薬

消化性潰瘍の成因は,H. pylori感染,NSAIDが二大要因であり,胃酸がそれぞれに共通の増悪因子と考えられている。

≪胃潰瘍治療≫
治療薬は,攻撃因子の抑制および防御因子の増強を目的とした薬剤,そしてH. pylori除菌治療薬とに分けられる(表1 胃潰瘍治療薬)。

<初期治療>強力な酸分泌抑制薬であるヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)が主。防御因子増強薬は酸分泌抑制薬と併用投与(ただし,併用効果についてはエビデンスは乏しい)。

<維持療法>H2ブロッカー(多くは半量投与)が主。PPI投与は胃潰瘍では8週間まで(保険上の制限有)。

  • H. pyloriの一次除菌
    3剤併用療法が行われる
    • ランソプラゾール,アモキシシリン,クラリスロマイシン
    • オメプラゾール,アモキシシリン,クラリスロマイシン
    • ラベプラゾール,アモキシシリン,クラリスロマイシン
  • NSAIDs潰瘍
    治療・予防には以下の薬剤が使用される
    • プロスタグランジン製剤
    • ヒスタミンH2受容体拮抗薬
    • プロトンポンプ阻害薬

参考資料
EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン 第2版 -H.pylori二次除菌保険適用対応-.胃潰瘍ガイドラインの適用と評価に関する研究班/編,東京,じほう,2007.


指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site