※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 泌尿器・生殖器系 > 泌尿器・生殖器用剤

●泌尿器・生殖器用剤
前立腺肥大症(BPH)治療の基本的な目的は下部尿路症状の軽減を通したQOLの改善にあり,治療の主な標的は下部尿路閉塞の解除と膀胱機能障害の改善にある。
BPHの薬物療法ではα1遮断薬が最も一般的に用いられ,症状改善は比較的早期からみられる。
過活動膀胱では,薬物療法は治療の中心であり,抗コリン薬が第一選択薬として用いられている。

参考文献
今日の診療プレミアムVol.19,2009 IGAKU-SHOIN (DVD-ROM版)
前立腺肥大症診療ガイドライン(2011). 日本泌尿器科学会編
西沢 理,山口 脩,吉田正貴:過活動膀胱を再考する 過活動膀胱診療ガイドライン・ダイジェスト版について.泌尿器外科,21: 581-587,2008.

指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site