※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

オランザピン製剤の使用に当たっての留意事項について

掲載日: 2018年01月06日(土)

[ 安全・回収情報 > 安全情報 ]

・オランザピン製剤については、本日、「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」を効能又は効果として承認したところです。

・本剤は、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡が報告されたことから、平成 14 年4月に緊急安全性情報を発出するとともに、添付文書の「警告」等の項で注意喚起をしてきました。

・医療関係者の皆様におかれましては、本剤の使用に当たっては、本通知の内容についてご留意いただきますようお願いいたします。

関連リンク

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site