※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

膜型血漿分離器における接続用ポートの誤接続防止のための形状変更とその対応について

掲載日: 2019年09月07日(土)

[ 安全・回収情報 > 安全情報 ]

・持続緩徐式血液濾過器と膜型血漿分離器の取り違え防止対策については、持続緩徐式血液濾過の際に誤って膜型血漿分離器を取り付けたことによる死亡事故の発生を受け、各関連団体間の連携により、これまでに包装デザインや表示の変更などが行われてきたところです。

・今般、同一の形状の持続緩徐式血液濾過器と膜型血漿分離器の接続用ポート(以下「血漿ポート」という。)について、誤接続を防止するため、血漿ポートの形状が変更されることとなりました。

・医療機関等の皆様におかれましては、本通知の内容についてご留意いただき、規格切替えに伴う医療安全対策にご協力いただきますようお願いいたします。

関連リンク

Medical Online English Site