※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

「病院における高齢者のポリファーマシー対策の始め方と進め方」について

掲載日: 2021年04月06日(火)

[ 安全・回収情報 > 安全情報 ]

・高齢化の進展に伴い、加齢による生理的な変化や複数の併存疾患を治療するための医薬品の多剤服用等によって、安全性の問題が生じやすい状況にあることから、平成29年4月に「高齢者医薬品適正使用検討会」が設置され、高齢者の薬物療法の安全確保に必要な事項の調査・検討が進められ、「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」及び「高齢者の医薬品適正使用の指針(各論編(療養環境別))」が取りまとめられました。

・今般、検討会での議論を経て「病院における高齢者のポリファーマシー対策の始め方と進め方」が取りまとめられましたのでお知らせいたします。

・医療関係者の皆様におかれましては、本通知及び当該文書の内容についてご留意いただきますようお願いいたします。

関連リンク

(別添)病院における高齢者のポリファーマシー対策の始め方と進め方
https://www.pmda.go.jp/files/000240218.pdf

(参考)
「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」
https://www.pmda.go.jp/files/000239906.pdf
「高齢者の医薬品適正使用の指針(各論編(療養環境別))」
https://www.pmda.go.jp/files/000239907.pdf

Medical Online English Site