※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

ジョイクル関節注30mgによるショック、アナフィラキシーについて、安全性速報(ブルーレター)が発出されましたのでお知らせいたします。

掲載日: 2021年06月05日(土)

[ 安全・回収情報 > 安全情報 ]

【安全性速報(ブルーレター)】

(医療関係者向け)
ジョイクル関節注30mgによるショック、アナフィラキシーについて

本剤使用患者において重篤なショック、アナフィラキシーの症例が報告されていることから、次の事項に十分に注意してください。
・本剤の投与に際しては、緊急時に十分な対応ができる準備をしてください。
・本剤投与後少なくとも30分間は、医師の管理下で患者の状態を十分に観察してください。また、医療機関から帰宅後に発現している症例も報告されている点に留意してください。
・患者又は家族等に対して、ショック、アナフィラキシーが発現する可能性があること、及びその徴候や症状について十分に説明し、異常が認められた場合には、速やかに医療機関を受診するよう指導してください。


(国民(患者)向け)
「ジョイクル関節注30mg」を投与される患者様とご家族の皆様へ

・本剤投与後数時間は、アナフィラキシーが起こる可能性があります。
・投与直後から帰宅後にかけて、状態をよく観察いただき、体調変化には十分ご注意ください。
・異常が認められた場合には、すぐに医療機関を受診してください。受診の際は「ジョイクル関節注」の投与を受けたことを伝えてください。
・特に顔色が悪い、意識の消失、息苦しさなどは緊急性の高い症状です。救急車を呼ぶなど直ちに対応してください。

関連リンク

Medical Online English Site