※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 抗悪性腫瘍薬・免疫抑制薬 > 抗悪性腫瘍薬抗生物質

●抗悪性腫瘍薬
抗悪性腫瘍薬による治療では,一般的な副作用として骨髄抑制(汎血球減少,貧血,白血球減少,好中球減少,血小板減少など)や消化器毒性(悪心・嘔吐,下痢など)がよく知られているが,ドキソルビシンの心毒性,シスプラチンの聴力障害,腎毒性,ブレオマイシンの間質性肺炎,肺線維症,シクロホスファミドの出血性膀胱炎のように,各薬剤に特徴的な副作用もあるので注意が必要となる。
抗悪性腫瘍薬による治療においては,治療の意義や効果だけではなく副作用についても十分なインフォームドコンセントを行い,副作用の早期発見・治療への対策を講じ,患者のQOL向上に努める必要がある。

参考文献
抗癌剤の選び方と使い方(改訂第3版).小川一誠/編,東京,南江堂,2004.
抗悪性腫瘍薬ハンドブック.西條長宏/編,東京,中外医学社,2000.

指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site