※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 血液製剤・血液作用薬 > 止血薬

●止血薬

止血薬は,何らかの出血性素因や止血不良が認められる患者に適応となる。
出血性素因としては,

  1. 血管壁の異常(血管抵抗性↓や血管透過性↑)
  2. 血小板の異常(血小板数↓,機能↓)
  3. 凝固系の異常(↓)
  4. 線溶系の異常(↑)

が挙げられ,これらに応じて薬剤選択を行う。

参考文献
山崎雅英:止血薬,抗線溶薬.救急・集中治療,20:791-797,2008.


指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site