※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 精神・神経系 > 自律神経作用薬

●自律神経作用薬
コリン類似薬は直接的に,コリンエステラーゼ阻害薬は間接的に副交感神経刺激作用を示す薬剤である。
自律神経調整薬は,自律神経失調症,頭部・頸部損傷,更年期障害・卵巣欠落症状といった疾患における自律神経症状(頭痛・頭重,倦怠感,心悸亢進,発汗等)に用いられる。

参考文献
今日の治療薬2010 解説と便覧.浦部昌夫,島田和幸,川合眞一/編,東京,南江堂,2010.

指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site