※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 感染症治療薬・ワクチン > 抗ウイルス薬

●抗ウイルス薬
インフルエンザウイルス感染症における予防の基本はワクチン療法であり,治療薬の予防投与はワクチン療法に置き換わるものではない。
タミフル(オセルタミビル)またはリレンザ(ザナミビル)を予防投与する際は,原則として,A型/B型インフルエンザウイルス感染症の発症患者の同居家族 /共同生活者であるハイリスク者を対象とする。また,治療に用いる際には,発症後48時間以内の服用により,合併症のないインフルエンザでの罹病期間を短縮することが確認されている。
これらの副作用としては,嘔気,嘔吐,下痢,腹痛などの消化器症状が報告されている。
タミフルの服用と異常行動の因果関係ははっきりしていないものの,特に小児・未成年者については,服用の有無にかかわらず,異常行動が発現する可能性を考え,少なくとも2日間,保護者等は患者が一人にならないように配慮する。
シンメトレル(アマンタジン)はA型にのみ有効な薬剤だが,近年流行しているA型インフルエンザウイルスのほとんどがアマンタジン耐性であることが報告されている。また,アマンタジン投与により,約30%の患者でアマンタジン耐性のインフルエンザウイルスが出現するとの報告がある。
2010年1月,点滴静注用のA型/B型インフルエンザウイルス感染症治療薬としてラピアクタ(ペラミビル)が承認された。

HIV感染症の初回治療として推奨される薬剤の組み合わせは,

 ・核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI) 2剤+非核酸系逆転写酵素阻害薬(NNRTI) 1剤
 ・NRTI 2剤+プロテアーゼ阻害薬(PI) 1剤 (少量のRTV併用)
 ・NRTI 2剤+インテグラーゼ阻害薬(INSTI) 1剤

のいずれかとなる。
薬剤の選択に際しては,薬剤の大きさ,錠剤数,食事との関連,服薬回数,副作用などの点から患者に最適な薬剤を選択し,コンプライアンスの遵守を目指す。

参考文献
インフルエンザQ&A 2008年度版(2009.1.27改訂),国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ 
抗HIV治療ガイドライン(2011年3月).平成22年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 服薬アドヒアランスの向上・維持に関する研究班ホームページ

指定した薬効分類に属するくすりはありませんでした。

薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site