※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

検索

医療用薬 > 血液製剤・血液作用薬 > 造血薬免疫グロブリン製剤

●造血薬
鉄欠乏性貧血では,安全性や経済性を考慮し経口用鉄剤を第一選択とする。注射用鉄剤は経口用鉄剤の投与が困難/不適当な場合に限り適応となる。
エリスロポエチン製剤は,腎性貧血や未熟児貧血,自己血貯血時などの適応がある。規格が複数あり,製剤によって投与量や投与ルートなどが異なるので注意が必要である。
G-CSFとは顆粒球コロニー形成刺激因子(granulocyte colony stimulating factor)のことで,造血幹細胞の末梢血中への動員や造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進,がん化学療法による好中球減少症,骨髄異形成症候群や再生不良性貧血や免疫抑制療法(腎移植)に伴う好中球減少症,先天性・特発性好中球減少症などに用いられる。

検索結果: 1件
先発品 先発品:1件     ジェネリック ジェネリック:0件     一般薬 一般薬:0件     薬価未収載または未設定 薬価未収載または未設定






商品名一般名
剤型写真包装写真製薬会社
薬価*(円)
薬効分類
先発医薬品サイモグロブリン点滴静注用25mg抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン
【製】サノフィ
【販】サノフィ
41,296円
血液製剤・血液作用薬 > 血液製剤抗ヒト免疫グロブリン製剤

血液製剤・血液作用薬 > 造血薬免疫グロブリン製剤
:先発医薬品    :ジェネリック医薬品    :一般薬(OTC)    :薬価未収載または未設定
*OTCの場合はメーカー希望小売価格
※ 自動分類を行うため、検索結果は最大500件までを表示します。
*検索結果は、先発>ジェネリック>OTCの順に表示し、同じ先発品の中では一般名の50音順で並びます。
   
▼比較する添付文書の項目を選択できます。




薬効分類
文献検索上位5位
プロダクト検索上位5位
書籍検索上位5位
Medical Online English Site