※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

薬効で探す(医療用薬)

薬効で探す(医療用薬) 検索結果

解説文: 泌尿器・生殖器用剤
●泌尿器・生殖器用剤
前立腺肥大症(BPH)治療の基本的な目的は下部尿路症状の軽減を通したQOLの改善にあり,治療の主な標的は下部尿路閉塞の解除と膀胱機能障害の改善にある。
BPHの薬物療法ではα1遮断薬が最も一般的に用いられ,症状改善は比較的早期からみられる。
過活動膀胱では,薬物療法は治療の中心であり,抗コリン薬が第一選択薬として用いられている。

参考文献
今日の診療プレミアムVol.19,2009 IGAKU-SHOIN (DVD-ROM版)
前立腺肥大症診療ガイドライン(2011). 日本泌尿器科学会編
西沢 理,山口 脩,吉田正貴:過活動膀胱を再考する 過活動膀胱診療ガイドライン・ダイジェスト版について.泌尿器外科,21: 581-587,2008.
1-3件を表示中
添付文書比較 商品名 一般名
剤型写真 包装写真 製薬会社
薬価*(円)
薬効分類
スピロペント錠10μg クレンブテロール塩酸塩
  • 【製】帝人ファーマ
  • 【販】帝人ファーマ
10.4円
クレンブテロール錠10μg「ハラサワ」 クレンブテロール塩酸塩
  • 【製】原沢製薬工業
  • 【販】原沢製薬工業
  • 【販】日本ジェネリック
5.8円
トニール錠10μg クレンブテロール塩酸塩
  • 【製】原沢製薬工業
  • 【販】原沢製薬工業
5.8円
  • * 一般薬(OTC)の場合はメーカー希望小売価格
  • 自動分類を行うため、検索結果は最大500件までの表示となり
  • 検索結果は、先発品/基礎的医薬品等>後発品(ジェネリック)>一般薬(OTC)の順に表示し、同じ先発品/基礎的医薬品等の中では一般名の50音順で並びます

▼比較する添付文書の項目を選択できます。




1-3件を表示中