※一つもチェックを入れない場合、すべての項目から検索します。

薬効で探す(医療用薬)

薬効で探す(医療用薬) 検索結果

解説文: 抗うつ薬・抗精神病薬
●抗うつ薬・抗精神病薬
抗うつ薬はセロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害作用の比や抗コリン作用などの強さの違いによって特徴付けられている。
うつ病の薬物治療において,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI),セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)は忍容性が高く抗うつ効果が三環系抗うつ薬に匹敵することから第一選択薬とされている。最初に選択した抗うつ薬の奏功率は60〜70%といわれており,用量や投与期間(6〜8週間)が十分であるにも関わらず第一選択薬の治療反応が不十分な場合には,同じ機序の他剤か作用機序の異なる抗うつ薬への変更を試みる。この際,前薬の急な中止は離脱症状発現のおそれがあるため漸減を心がける。
2009年に承認された新規作用機序のノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)は,三環系抗うつ薬やSSRI,SNRIと同等の効果を有することが知られており,その即効性が注目されている。

統合失調症の治療においては新世代型ともよばれる非定型抗精神病薬がほとんどの場合において第一選択薬となる。また,新世代型では再発予防効果についての研究成果が集積されており,フェノチアジン系やブチロフェノン系といった定型抗精神病薬に比べより優れたQOLの改善が期待できるとされる。

参考文献
気分障害治療ガイドライン第2版.精神医学講座担当者会議監修,上島国利/編,東京,医学書院, 2010.
統合失調症治療ガイドライン第2版.精神医学講座担当者会議/監修,佐藤光源,井上新平/編,東京,医学書院,2008.
1-10件を表示中
添付文書比較 商品名 一般名
剤型写真 包装写真 製薬会社
薬価*(円)
薬効分類
シクレスト舌下錠10mg アセナピンマレイン酸塩
  • 【製】Meiji Seika ファルマ
  • 【販】Meiji Seika ファルマ
358.2円
シクレスト舌下錠5mg アセナピンマレイン酸塩
  • 【製】Meiji Seika ファルマ
  • 【販】Meiji Seika ファルマ
237円
ジプレキサ筋注用10mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
1,778円
ジプレキサザイディス錠10mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
255.7円
ジプレキサ錠10mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
255.7円
ジプレキサ細粒1% オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
247.1円
ジプレキサ錠5mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
132.5円
ジプレキサザイディス錠5mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
132.5円
ジプレキサザイディス錠2.5mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
69.5円
ジプレキサ錠2.5mg オランザピン
  • 【製】日本イーライリリー
  • 【販】日本イーライリリー
69.5円
  • * 一般薬(OTC)の場合はメーカー希望小売価格
  • 自動分類を行うため、検索結果は最大500件までの表示となり
  • 検索結果は、先発品/基礎的医薬品等>後発品(ジェネリック)>一般薬(OTC)の順に表示し、同じ先発品/基礎的医薬品等の中では一般名の50音順で並びます

▼比較する添付文書の項目を選択できます。




1-10件を表示中